住宅ローンの延滞をすると借り換えは可能か

住宅ローンの借り換えとは、現在借り入れをしている金融機関から、それよりも金利の低い別の金融機関から新しく借り入れをすることです。

 

借り換えをすることにより、毎月の返済額を減らすことができたり、返済期間を短縮させたりすることができるのです。

 

借り換えの審査では、借入者と住宅の2つが審査されます。

 

住宅の担保評価があまりにも低い、または借入者の返済能力が乏しい等、どちらか一つでも欠けていれば審査には通りにくいでしょう。

 

また、住宅ローンの借り換えの条件の中に、過去1年以内に住宅ローンの支払いを延滞したことがないこと、というのがあります。

 

銀行員は、過去1年間の住宅ローンの返済口座の通帳を見て、延滞履歴の有無を調べます。

 

延滞がある場合にも、その延滞の質と量が重要になってくるのです。

 

1、2回ほど入金をし忘れ、1日〜2日の延滞をしてしまったという場合は、それほど深刻に考える必要はありません。

 

また、入金をうっかり忘れてしまい、銀行から督促の電話又は督促状が届き初めて延滞してしまっていたことに気付き、当日か翌日、すぐに入金をした、という場合も問題はないでしょう。

 

そのことを借り換え相談時に、担当の銀行員に伝えておきましょう。

 

しかし、1日〜2日の延滞であったとしてもこれを毎月のように繰り返している、また、たった一度でも1ヶ月ほど延滞してしまった、などという場合は問題となってきます。

 

今後も延滞してしまう可能性がある、と捉えられてしまうからです。

 

こういった場合は、もう1年間借り換えを待ち、実績をつけましょう。

住宅ローンを延滞すると個人信用情報に記録される

住宅ローンの延滞をしてしまうとどうなるのでしょうか。

 

住宅ローンの支払いができなくなることを、延滞、返済不能などと言います。

 

まず、返済ができなくなると、金融機関から電話や通知が来ます。

 

返済が苦しい状況であるなら、金融機関の担当の人と、どのくらいなら返済できるかよく話し合うことです。

 

返済金額を軽減させるなどして、延滞を回避できることも可能かもしれません。

 

もし、病気などで収入がなくなり返済できなくなった、そして復職の見込みがあるなど、住宅ローンの延滞が一時的なものである場合、好意的に見てくれるのかもしれません。

 

でもここで嘘をついてしまうのは絶対にダメです。

 

信用を失ってしまいます。

 

それでも延滞の解消ができない場合、個人信用情報というものに、住宅ローンの延滞の記録が残ってしまいます。

 

個人信用情報またはCICは、クレジットカードや携帯電話料金、奨学金の返済などにも関わるものです。

 

ローンの延滞をしてしまうと、CICにその事実が記録されてしまうというものです。

 

一度載ってしまうと、取り消されるのにかなりの年数がかかります。

 

何ヶ月か延滞が続くと、金融機関は信用保証会社から代位弁済を受け、あなたの住宅ローンは信用保証会社に移行となります。

 

こうなりますと、任意売却か、競売にかけれるということになります。

 

ここまで来てしまうと、取り返しのつかないことになりかねませんから、返済が厳しいと感じたら早い段階から金融機関に相談することです。

 

無理のないローンで返済していきましょう。

住宅ローンを延滞してしまった場合、プロに相談

様々な理由で、住宅ローンが支払えなくなってしまった場合、どうすればいいのでしょうか。

 

ローンを数か月延滞してしまうと、督促状が届くようになります。

 

住宅ローンの借り換えはできなくなってしまいますが、任意売却によって競売を避けるということは可能な状態です。

 

任意売却とは、住宅が競売で落札されてしまう前に、債務者と交渉し、自身の任意で住宅を売却できるという意味があります。

 

これを放置したままになってしまうと、今度は期限の利益喪失通知、そして保証会社が債務者のローンを一括返済しました、という内容の代位弁済通知書というものが届きます。

 

そこから約1カ月経つと、いよいよ競売にかけられる決定通知書が届いてしまうのです。

 

保証会社が裁判所に競売を申し立て、それが受理されたことを示すものです。

 

この通知が届いてからすぐに、競売が開始というわけではありません。
がしかし、概ね6カ月以内に自宅が差し押さえられて、強制撤去を命じられてしまうという可能性があります。

 

リースバックや個人再生などの仕組みなどで、住宅を手放さずに済む方法もあります。

 

放置すればするほど危険な状態になり、最後には多額の債務が残ってしまうということになりますので、早い段階で相談することが一番でしょう。

 

24時間、メールや電話で無料相談を受け付けてくれる「お任せ任売ナビ」というものがあります。

 

プロの弁護士や税理士が担当してくれ、その時に一番良い方法で解決してくれます。

 


Warning: file(http://www.amieproject.com/l-cntrol/mg001/link/53): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 404 Not Found in /home/sark238/public_html/www.backfromthebin.com/index.html on line 182
更新履歴